› あすけ聞き書き隊
紅葉 足助の聞き書き第3集>>
紅葉 足助の聞き書き第1集・第2集>>

2013年04月01日

あすけ聞きフェス2013

3月17日(日)13時から、足助交流館飯盛座で「足助聞き書き集」第3集の発表会として、「あすけ聞きフェス」を開催しました!

▼あすけ聞きフェス2013(3/17開催)
http://asukekikigaki.boo-log.com/e220407.html



▼当日配布したパンフレット(PDF)
http://t.from.tv/data/13/13032501.pdf

ご来場くださったみなさん、ありがとうございました!

足助の聞き書き第三集を、足助交流館2階の図書館に寄贈しました。
中央図書館での登録作業が完了次第借りれるようになるそうです。

また、足助地区内の小学校、中学校、高校、自治区、足助病院などの各施設に順発送していきますので、見かけたら是非手にとってみてください!

当日はUSTREAMでライブ配信しましたが、回線が不調で途切れがちになってしまいました。

アーカイブの一部を下記で紹介していますので、またよかったら見てみてください。

▼開会、来賓挨拶、あすけ聞き書き隊活動紹介
http://www.ustream.tv/recorded/30034996
↑2分30秒あたりからの来賓あいさつでいただいた
 うれしいお言葉に感激しております!
 ありがとうございました!!

▼話し手・聞き手インタビュー、講師のお話
http://www.ustream.tv/recorded/30036060
↑13分あたりから、聞き書きはどういう作業をするものなのか、
講師の方からの説明があります。

また、あすけ聞きフェスの様子を地元のケーブルテレビでご紹介いただきました。ありがとうざいます!!

▼あすけ聞きフェス(3分30秒あたりから)
http://www.city.toyota.aichi.jp/toyotanow/asx/news_1M_130319.asx
(Windows Media Player要)

【たかき】
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 11:26Comments(0)あすけ聞きフェス

2013年03月16日

中日新聞に足助の聞き書き報告会の記事!

今朝の中日新聞豊田版に足助の聞き書き集完成と、報告会の紹介記事が掲載されました!

ありがとうございます!

少しでも多くの方にきていただけるといいなと思います。

13031601

【たかき】
  
タグ :中日新聞


Posted by あすけ聞き書き隊 at 18:06Comments(0)報道

2013年02月11日

あすけ聞きフェス2013(3/17開催)

3月17日(日)13時から、足助交流館飯盛座で「足助聞き書き集」第3集の発表会として、「あすけ聞きフェス」を開催します!



▼あすけ聞きフェス2013チラシ(PDFファイル)
http://t.from.tv/data/13/13021101.pdf

ドキュメンタリー映画「森聞き」の上映も行いますよ!
聞き書きを知らない人も、知っている人も、聞き書きの魅力を知る良い機会です。

入場無料ですので、是非みなさまお誘いの上、お越しください!!

-----

■あすけ聞きフェス ※平成24年度足助地区わくわく事業
 2013年3月17日(日)
 13時~17時頃
 足助交流館 飯盛座
 入場無料

(1)「足助聞き書き集」第3集発表会
 足助のお年寄りの生き様を、話し言葉で綴った
 “足助聞き書き集”の第3集が完成!
 話し手・聞き手も集まり、作品の発表と共に、
 講師による講評があります。
 ※講師:NPO共存の森ネットワーク 事務局長 吉野奈保子氏

 15人の話し手・聞き手の聞き書き作品からは、
 話し手の人生だけじゃなく、様々な足助の顔も見えてきます。
 
 ▼第1集&第2集はこちらでPDFファイルを公開しています。
 http://asukekikigaki.boo-log.com/e203136.html

(2)ドキュメンタリー映画「森聞き」上映会(15時頃カラ)
 全国から100人の高校生が参加し、自然と関わる様々な
 職種の“名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をする
 “聞き書き甲子園”。

 この映画では、その“聞き書き甲子園”に参加した
 4人の高校生がそれぞれ日本各地の山村の老人たちを
 訪ね「森の名人」と呼ばれる人たちの人生と技を
 聞き書きする様子を取り上げています。
 
 聞き書きを全く知らない人も、知っている人も
 聞き書きの魅力を知るとてもいい機会です!
 ※上映時間125分
 
 ▼映画『森聞き』公式HP
 http://www.asia-documentary.com/morikiki/

【たかき】
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 09:56Comments(0)あすけ聞きフェス

2013年02月07日

「あすけ聞きフェス」チラシ印刷

「足助聞き書き集」第3集の発表会「あすけ聞きフェス」を3月17日(日)13時~足助交流館飯盛座で開催します!

本日、事務局メンバーがあすけ交流館に集まってチラシを印刷しました!



【たかき】  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 21:30Comments(0)活動報告

2013年02月05日

中馬のおひなさん

あすけ聞き書き隊の打ち合わせで、事務局メンバーが足助交流館に集まりました。

ロビーには、たくさんのおひなさんが展示されていましたよ。

中馬のおひなさんの準備万端ですね!



足助の町並みでは、今週末の2月9日(土)から3月10日(日)まで第15回中馬のおひなさんが開催されます!



▼平成24年度(2013年)第15回 中馬のおひなさん
 (足助観光協会)
http://asuke.info/modules/pico/index.php?content_id=12

今年もたくさんのお客さんでにぎわうでしょうね!

【たかき】  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 21:30Comments(0)足助あれこれ

2013年01月06日

あすけ聞き書き隊提出原稿チェック

あすけ聞き書き隊事務局メンバーで集まって、聞き手のみなさんからの提出原稿をチェックしました。

13010601

今回は5人の事務局メンバーで、9人分の原稿を回し読みしたのですが、結構大変で丸一日かかってしまいました。

13010602

足助の聞き書き第3集は3月完成予定です。

お楽しみに!!

【たかき】  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 17:30Comments(0)活動報告

2012年12月07日

『80日間チャレンジ』小林久美子さんによる取材

先日、『あいちの山里で暮らそう80日間チャレンジ』で、豊田市を担当されている小林久美子さんから、「あすけ聞き書き隊」のことを取材したいと連絡がありました。

12120504

▼あいちの山里で暮らそう80日間チャレンジ
http://aichi80days.jp/

早速お会いし、「あすけ聞き書き隊」のことをお話したのですが、「足助の聞き書き」第1集、第2集とも読んでくださって、すばらしい紹介記事を書いてくださったんですよ!

そのなかから、素敵な一節を紹介しますね。

「聞き書きは、派手なものではない。けれど、こうしたことこそ、地域に暮らすひとにとって「未来の宝」になっていく、静かな確かな資源だと感じました。」

「聞き書き」の価値をしっかりと理解してくださったことを、大変うれしく思います!!

  続きを読む


Posted by あすけ聞き書き隊 at 18:00Comments(0)活動報告

2012年11月25日

足助地区ふれあいまつりでパネル展示

10/28(日)に開催された、足助地区ふれあいまつり会場(足助交流館前のテント)で「あすけ聞き書き隊」の活動を紹介するパネル展示を行いました。

12102920

また、足助地区ふれあいまつりに引き続き、11/25(日)まで足助交流館ロビーでも「あすけ聞き書き隊」の展示をさせてもらいました。

12110509

「足助の聞き書き」第1集、第2集は、足助交流館の2階にある図書館で借りることができます。

12110510

図書館を入ってすぐ右側にある新刊コーナーにしばらく置いておいてくださるそうです。



いろいろと心遣いをありがとうございます!!

【たかき】
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 17:00Comments(0)活動報告

2012年10月21日

あすけ聞き書き隊第2回講座

あすけ聞き書き隊第2回講座を開催しました。

12102401

今回は、聞き書き原稿の整理と編集についてです。

題材は、一昨年の実習で、あすけ里山ユースホステルを経営されている方にインタビューしたときの聞き書き原稿です。

この原稿を使って、グループワーク形式で実習を行いました。

私は、この原稿をはじめて見たのですが、ほんと、ステキなお話でした。

私も一度、あすけ里山ユースホステルを訪ねてみたいなって思いました。

▼あすけ里山ユースホステル
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/
↑住所は豊田市ですが、山の上にある田舎の小さな小学校を
 改装した宿です。
 (旧 東加茂郡足助町立(つばきだち)椿立小学校)

12102402

【たかき】  
タグ :第2回講座


Posted by あすけ聞き書き隊 at 17:30Comments(0)活動報告

2012年09月09日

聞き書き集 PDF 第1集&第2集

「聞き書き集を読みたいんだけど、どこで買えるの?」
「聞き書き集はまだあるかしら?」
と声をかけていただくことがあります。

みなさんに読んでいただけて本当にうれしいです。
ありがとうございます!


上記ご質問に関して、ここでも回答させていただきます。


●平成22年度版第1集、平成23年度版第2集に関しては、豊田市役所足助支所の事業として出版していただいた冊子ですので、販売はしておりません。

●印刷した残りの聞き書き集を足助支所から聞き書き隊にいただいて、希望の方にお渡ししてきましたが、在庫はなくなってしまいました。

現在のところ、増刷の予定はたっていませんので、下記PDFをご覧いただければ幸いです。


『 足助の聞き書き集 第1集  ~山里の暮らしの息づかい~』
こちらのPDFから

『 足助の聞き書き集 第2集 ~語り継ぐ記憶と歴史~ 』
こちらのPDFから


あすけ聞き書き隊としての最初の聞き書き集は、来年の3月に完成する予定です。
現在は参加者全員で作品完成に向けて、聞き取り活動・書き起こし作業を始めています。  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 10:23Comments(0)聞き書き集

2012年08月27日

補習講座

8月25日(土)14:00~16:00
7月15日の講座にご都合が悪くて出席できなかった3人の方への補習講座を行いました。
場所は、足助交流館の視聴覚室です。



今後の活動予定を説明、
記録として撮影した7月15日の講座の映像を見ていただいて、
手順を説明、
各自の話し手の方を決めました。


新規参加者の方の第1回目聞き取りの日には、事務局メンバーが話し手の方のところへ紹介をかねて同行しますが、そこからは話し手の方と聞き手と1対1の対話が始まります。

事務局メンバーも、3年目の参加者も、みなまた初めての話し手の方のところへ伺って新しいお話を伺います。
みな同じく新たな気持ちです。

『あすけ聞き書き隊』としての最初の聞き書き集発行に向けて、各自活動を重ねていきます。


次回の全体活動は、10月21日におこなわれる第2回目講座です。

第2回目講座では、講師の吉野奈保子さん(NPO共存の森ネットワーク事務局長)から、作品として仕上げていくためのまとめ方・構成のコツ・見出しのつけ方などを伺います。  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 22:06Comments(0)活動報告

2012年07月15日

第1回聞き書き講座

●本日7月15日、足助交流館において、『あすけ聞き書き隊』としての
第1回聞き書き講座を開きました。

□10:00~10:50
まずは事務局メンバーで進行。
・あすけ聞き書き事業についての概要と事務局メンバーの自己紹介。
・これまでの作品紹介。
第1集 『芸は身を滅ぼすと思った日もあったけど 後藤久子さん』 (事務局メンバー加藤彩より)
第2集 『歩いてきた道  林和義さん』 (事務局メンバー河合友理より)

作品紹介では、聞き手本人が声に出して伝える聞き書き作品は、また心に伝わってくるものがあるなぁと感じて、じっくり聞きいってしまいました。
そして、話し手の方からお話を伺いながら感じたこと、作品として完成させる時に迷ったことなど、色々なエピソードを交えながら紹介してもらいました。


□10:50~11:00
今後のスケジュール確認

□11:00~12:00
今朝東京を出発して来てくださった、講師の吉野奈保子さんが足助交流館に到着。
(吉野さんは、NPO共存の森ネットワークの事務局長で、10年来高校生の聞き書き甲子園を指導していらっしゃいます。)
講義開始。
まずは、聞き書きの手法について。



私は聞き書き活動3年目ですが、常に基本に戻って、今年も新たな気持ちで話し手の方と対話させていただきたいと改めて感じました。
   
□12:00~12:45
昼食&参加者自己紹介。
午前中は緊張して固い雰囲気でしたが、ランチでくつろいだ雰囲気ににこにこ






□13:00~13:45
インタビュー実習 
聞き書きをするときの質問事項を考えて、対話の進め方を練習します。
事務局メンバー原章展(足助屋敷 木地師)が話し手のモデルになりました。



新規参加者の中から3名の方が前へ出て、自分で考えた質問で聞き書きの実習をしました。

「まず木地師とは何ですか?」「木はどこで手に入れるのですか?」「木がどういう状態のところから木地師さんの仕事になるのですか?」「どんなものを作っているのですか?」
実習ではありましたが、職人さんの話を聞くのはやっぱりおもしろかったです。

その後、話し手の方の話を引き出すのにどういう質問がよかったかなど、講師の吉野さんからアドバイスがありました。

□13:45~15:00
整理する前のボイスレコーダー録音からの書き起こし文を教材にして、文章整理の仕方を学びました。教材は、事務局メンバー河合友里が過去の聞き書き作品のためのインタビューの後に実際に書き起こした文章を使いました。
15分ほどは、各自で文章を読んで構成や見出しを考えました。 

その後、見出しのつけ方や構成のポイント等を教えていただきました。

□15:00~15:50
それぞれの聞き書きをおこなう話し手の方を決めました。
話し手の方々へは、あらかじめ事務局メンバーからお話を聞きに伺ってもいいか確認をとらせていただいています。

さぁ、第1回聞き書き講座は無事終了。

いよいよ今年も、話し手の方々のところへお話を伺いにいく活動がスタートします!

→話し手のみなさま、どうぞよろしくお願いします_(._.)_


文責:岡村  
タグ :講座


Posted by あすけ聞き書き隊 at 23:54Comments(0)活動報告

2012年07月05日

第1集~その後~

初投稿音符
聞き書き隊かとうです元気

今日習い事のため交流館へ行ったところ、
わたしが第1集でお話を伺った後藤さんにばったりお会いしました!!
その場で少しお話したのですが、
後藤さんは広報やチラシを確認してくださっていたご様子で、
「こないだみたよ!」
「戦争や他にも昔のことなんかは体験した人も減っとるでしょう、
頑張ってやってね~」と労って下さいました。

思えば2年前は色々なお話をしていただきました。
聞き書き集に掲載できたこと以外にもたくさんの事キラン

趣味や習い事に対する取り組みかたアート
仕事の話逃げろー
恋愛の話目がハート

人生の大先輩からいただいた金言の数々は、
今もわたしの心の中にずしっと響くものばかりです。

仕事に遊びに「外こもり」なわたしと、お稽古に発表会と多忙な後藤さん。
なかなか予定があわないね~と言いつつも、女子会を計画中ハート
聞き書きに参加していなければなかった出会いに感謝していますキラン

文責 かとう

第1集の内容はこちらのPDFからご覧いただけます。
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 00:01Comments(0)聞き書き集

2012年07月01日

聞き書き集 PDF 第2集

『 足助の聞き書き集 第二集 ~語り継ぐ記憶と歴史~ 』のPDFが入手できました。
こちらからご覧いただけます。→聞き書き集第二集PDF
気軽に見てみてくださいねにこにこ



23年度足助支所の聞き書き事業に参加した、9名の聞き書きをまとめた作品集です。

目次は、
・『俺は生まれたときからずっと綾渡だよ』
  話し手・松井 鑛弌 (まつい こういち)/ 聞き手・岡村ゆかり
・『ホントの切れ味は、使う人が用途にあわせて自分でつける』
  話し手・中野 義彦(なかの よしひこ)/ 聞き手・原 章展
・『農業と役で忙しかったけど、嫌いならやっとらん』
  話し手・塚田 忠博(つかだ ただひろ)/ 聞き手・深見 博子
・『感謝は物の不充分に有り 幸福は誠の恭謙に存す』
  話し手・鱸 タミ子(すずき たみこ) 聞き手・鈴木 明美
・『歩いてきた道』
  話し手・林 和義(はやし かずよし)/ 聞き手・河合 友理
・『ご先祖の苦労のお陰で今日がある』
  話し手・柴田 信夫(しばた のぶお)/ 聞き手・加藤 彩
・『自分自身の人生を省みると、まさに波乱万丈』
  話し手・山岡 彌(やまおか わたる)/ 聞き手・清水 昌子
・『みんなようやってくれた、感謝』
  話し手・天野 雅夫(あまの まさお)/ 聞き手・井上 美知代
・『ここで何かやろうとはじめた「神越渓谷」』
  話し手・小木曽 舍(おぎそ やどる)/ 聞き手・髙木 伸泰



文責:岡村  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 21:07Comments(0)聞き書き集

2012年06月17日

「聞き書き」してみませんか?

                  イラスト 河合友理

『あすけ聞き書き隊』は営利団体ではありません。
活動をつづけたくて集まった有志の団体です。

きちんとした内容の活動を続け作品を残していくためには資金が必要なので、今年の5月に足助支所のわくわく事業補助金交付を申請しました。
おかげさまで、6月に認定され、足助支所から活動補助金を交付していただくことになりました。

第1回講座・第2回講座および作品集出版、報告会などの費用はこの補助金でまかないますので、参加者の費用負担はありません。

でも、余分な予算はありませんので、メンバーの打ち合わせも準備も手弁当。
参加者の方々も、講座のときのお茶やお弁当は各自で持参していただきます。

普段の生活では話す機会もない世代の方々とじっくり対話をすることで、生きた歴史を感じ、生活の根っこを教えていただけるように感じます。
メンバー全員、たくさんの人と一緒に聞き書きを続けていきたいなぁと思っています。

みなさんの参加をお待ちしています!!


※2012年度聞き書き講座の参加申し込みは7月10日締切です。



文責:岡村
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 10:17Comments(0)聞き書きについて

2012年06月15日

打ち合わせ

今日は、7月15日の第1回聞き書き講座に向けての打ち合わせをしてきました。

写真は、話し手の方のお名前をそれぞれリストアップしているところです。

小学生のころは、何人か前に出て黒板に向かって並んで算数の問題を解いたこともありましたが、大人が5人ホワイトボードの前に並ぶというのはめったに見ない光景なので、写真を撮ってしまいました。



これが事務局メンバーです。
後ろ姿ですが、、、。

左から、河合友理、原章展、井上美知代、高木伸泰、加藤彩です。
この写真を撮った岡村と合わせて、6人です。

よろしくお願いします。

徐々に顔を明かしていきますにこにこ

文責:岡村  
タグ :打ち合わせ


Posted by あすけ聞き書き隊 at 22:32Comments(4)活動報告

2012年06月08日

とよた市民活動情報サイトへの募集記事掲載

参加者募集チラシを見てくださった、とよた市民活動センターのスタッフの方から連絡があり、「とよた市民活動情報サイト」に、参加者募集記事を掲載してもらえることになりました!

▼とよた市民活動情報サイト
http://toyota-shiminkatsudo.net/
↑とよた市民活動情報サイトは、
 市民活動団体の活動内容やイベント、
 市民活動に役立つ情報など、
 さまざまな市民活動に関連する
 情報を集めたサイトです。

ありがとうございました!!

▼掲載ページはこちらになります。
http://toyota-shiminkatsudo.net/gnkt06/pub/sheet.php?id=54800



メールのやりとりの中で、スタッフの方からうれしいメッセージをいただきました!!

ブログへの転載をご了承くださいましたので紹介します。

現在のようなネット社会で
新しい情報が右から左へと流れ消えていく中で
読み物としての紙媒体での記録の蓄積は、
とても意味のある大事な事業だと思います。

少しでも新しい仲間が増え、
事業が継続していく一助となれますと幸いです。

また、新しい冊子の完成を楽しみにしています。


ありがとうございます!

仲間を増やし、足助の聞き書き第3集の完成に向けてみんなでがんばって行きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

【たかき】




  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 22:48Comments(0)活動報告

2012年06月07日

力 頂きました!

本日 豊田市のいくつかに
チラシ設置のお願いに伺いました。

みなさん快く引き受けて下さり
ありがとうごさいました。


さてさて その中で 
“豊田市近代の産業とくらし発見館”で
嬉しき事が。。。


チラシ渡しつつ スタッフの方に
館内を案内して頂いていたら
なんとその方 聞き書き集の2集目が
できた際の新聞記事をみて
「是非読んでみたい!」と思い
他の資料館に配られたものを
全ページコピーして 
読んでくださったと。。。!!!!


あぁ ありがたやぁ。 ありがたやぁ。
うれしーのぅ。うれしーのぅ。

帰りには 早速入り口に
チラシが置かれていました。

ホントに 有り難いことです。

めきめき頑張る力 頂きました!


“豊田市近代の産業とくらし発見館” 

少しわかりづらいとこにありますが

気持ちの良いスタッフさんにしか
出会ったことがありません。

そして ここでも 人生の先輩方に話を聞いて

聞き書きして 遺したりすることがあるとか。

是非 足を運んで欲しい所の一つです。


文責:河合もんぺ  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 20:41Comments(0)活動報告

2012年06月02日

聞き書き参加者募集チラシ

あすき聞き書き活動への「参加者募集チラシ」ができました。

学校や各交流館などに置いていただいています。

どこかで見かけたら手にとって見てみてくださいねにこにこ



内容は、下記のとおり。
あすけ聞き書き隊参加者募集
伝えよう!残そう!山里の暮らしの息づかい
~足助の知恵袋たちへの聞き書き~

人生の大センパイたちに、私たちが生まれる前の足助のこと、生活の知恵や技、暮らしの苦労などなど、その生き方を聞かせてもらい、記録に残すことは、歴史を次代へつなげる大切な役割。
「聞き書き」とは、人生の大センパイのお話を伺って、その対話を通して話し手の方の「語り口調」だけで文章にまとめる手法。だから、作文が得意じゃなくても大丈夫!大センパイのお話を伺ってみたいなあと思ったあなた!
ぜひ、あすけ聞き書き隊の仲間になって下さい!

と  き : 7月15日(日) 午前10時~午後4時頃
内  容 : ①「聞き書き」の概要、手法を学ぶ 
②「聞き書き」の体験・実習
*受講後、各自で3回程度、足助地区内の高齢者と対話を実施し、1月までに原稿にまとめます。
講  師 : 共存の森ネットワーク 事務局長 吉野美保子氏
    『高校生聞き書き甲子園』に長年講師としてたずさわっている方です。
話し手の方: 各分野で、それを生業としていた方やその分野に詳しい方
例えば・・農(蚕・田・畑・牛耕・結いの田植えなど)
山・林・竹(木こり、木出し、炭焼き、山菜、きのこなど)
川(鮎つりなど)、職人(竹細工などのもの作りなど)
郷土料理、町の暮らし(芸者・銭湯・映画館)、商売屋など

募集について
●対 象  昔ながらの里山のくらしに興味があり、高齢者から当時の話を聞きたいと思う人で、パソコンで文章が入力でき、各自で話し手を訪問できる人。
●参加者  20名程度  ●参加費  無料  ●会 場  足助交流館
●申込み  7月10日(火)までに足助聞き書き隊:高木伸泰あてに電話・メールでご連絡ください。
   TEL : 090-8732-6308  メール : takaki_n@nifty.com



文責: 岡村ゆかり  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 19:18Comments(0)活動報告

2012年06月02日

足助わくわく事業

5月20日に、足助わくわく事業に申請するためのプレゼンに出席してきました。




今までの聞き書きの活動についてと、これからも聞き書き活動を続けていきたいという強い思いを、地域委員さんたちの前で発表。

そして今日の郵便で、わくわく事業助成団体として認定の通知をいただきましたキラン

これで、今年度も聞き書きの記録を冊子という形で残すこともできます。
ありがとうございます!

さぁ、みなさん、
足助に暮らす人生の大先輩たちに、私たちが生まれる前の足助のこと、生活の知恵や技、暮らしの苦労などなど、いろいろなお話を伺ってみませんか?


文責:岡村ゆかり
  


Posted by あすけ聞き書き隊 at 18:53Comments(0)活動報告